弁護士 山本衛 On Court

依頼人からの手紙

先日、担当した事件の依頼人からお手紙をいただきました。

事件自体は、それなりの重大事件で、裁判員裁判の事件でした。
検察官の求刑は懲役10年。しかし、判決は、懲役6年6か月でした。
検察官の求刑が適切だったかは相当に疑問のある論告の内容でしたが、ともあれ、我々が求める結論に限りなく近い量刑となりました。

お手紙を通じて、依頼人はこれ以上ない感謝の言葉を述べてくれました。

もちろん、感謝されることを目的にやっているわけではありません。
求めているのは、依頼人の感謝ではなく、依頼人の利益です。
感謝されなくとも、依頼人の利益を最大限にするための活動を行う使命があります。
逆に、「頑張ってくれた」と感謝されても、結果が出なければ、その事件に対しては悔しい思いが極めて強く残ります。
最善の結果を求めて、どんな人にも最善の弁護を提供しなければならないと考えています。

しかし、それでも、人から感謝をされるというのはうれしいものです。

今回は、依頼者の利益にもかなう結果が出たから喜べるのかもしれません。
感謝をされることが目的ではありませんが、依頼人の利益を追求した結果として依頼人から感謝されるのは、本当に喜ばしいことです。
明日からもまた刑事弁護がんばろう!ってなります。

いつも結果を保証できる仕事ではありません。
でも、一つでも多く、少しでもよりよい結果を出せるように、日々腕を磨いていきたいと思います。

Return Top